スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天岩戸神社

03 02, 2010
一昨日は快晴の中久しぶりにサーフィン。
その帰り道、お店の神棚に祀るお札をいただきに皇祖神天照大神を祀る天岩戸神社へ。

天岩戸神社には東西2つの神社があり、東宮は「天照大神(あまてらすおおみかみ)」・西宮は「天岩屋(あまのいわや)」を祭り、それぞれ社殿があります。
 主祭神 天照大神(あまてらすおおみかみ)=おおひるめの尊
 合祀神 手力男命 天細女命 外5神

天岩戸1
「天岩戸」を聖域(神域)として祭っている天岩戸神社西宮。

ーーマメ知識ーー
古事記・日本書紀及び伝承では、
日の神様「天照大神(あまてらすおおみかみ)」が弟君「須佐之男命(すさのおのみこと)」のいたずらにお怒りになり、「天岩戸」にお隠れになってしまわれます。
「天照大神」が岩屋戸(洞窟)に隠れられると天界・地上界は真っ暗闇となり、多くの疫病・災いが発生し沢山の悪霊が出て神々は大変困ってしまいます。
八百萬(やおよろず)の神々は集まって相談をし、岩屋戸の前に榊の木をたて勾玉や鏡を取付て、「天細女命(あまのうずめのみこと)」がみだらな格好をしておもしろおかしく踊ります。これを見た神々は大声で笑います。不思議に思った天照大神が顔を覗かせたところ、「手力男の命(たじからおのみこと)」が岩戸を押し開いて連れ出します。岩屋戸には注連縄を張って封印し、入り口を塞いでいた岩の戸を「手力男の命」が投げ飛ばします。漸く天界と地上界は元のように明るくなりました。この時投げられた岩戸は長野県戸隠に落ちた。と伝えられています。

天岩戸3
2月とは思えない日差しが眩しい

天岩戸2
天安河原(あまのやすかわら)宮
 主祭神 思兼神(おもいかねのかみ)=八百萬神
「天岩屋(あまのいわや)」に隠れられた「天照大神」を巖から出てもらうため、神々が集まって相談した場所。
天岩戸5
天安河原付近の岩戸川 天の岩戸神社から岩戸川沿いに500m程川上へ行ったところ、河原一帯が天安河原と伝わっています。その中心に上記にある間口40m奥行き30mの洞窟仰慕窟(ぎょうぼいわや)が有り、その中に天安河原宮がひっそりとたたずんでいます。祀られている神様が八百萬神と言うこともあって、石を積んで願い事をすると沢山の願い事が叶うそうで、遠くから参拝者が絶えないようです。
天岩戸4
サーフィンの帰り道に是非立ち寄ってみて下さい。


新しい店舗の所在地等は下のリンクより、ウェブサイトのトップページにてご確認下さい。
熊本のカフェ&サーフショップTHE BREAKERSCAFE&SURFのオフィシャルウェブサイトはこちら

スポンサーサイト
0 CommentsPosted in 日記

Previous: ohana hair

Next: 2月誕生会
-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
プロフィール

shinglefin lover

Author:shinglefin lover
alternative系のサーフボード好き、
Longboardはsinglefinをこよなく愛す。
Style is everything!!!!

最新記事
最新コメント
Twitter
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。