スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『御坊サーフィンクラブ自然を守る会』より署名の緊急依頼です

09 15, 2009
下記はSFJサポーターである『御坊サーフィンクラブ自然を守る会』より急ぎの署名のお願いです。
消波ブロックの投入による、自然破壊、サーフポイントの消失を防ぐため
皆様にこの事をより多くの人に伝えていただき、署名にご協力いただけることを願っています。
署名の集約は11月30日です。

賛同して頂ける方は当店にて署名用紙をご用意してますのでご来店の際にお願い致します。
もしくはSFJホームページから署名用紙をプリントアウトして頂き署名後に当店迄FAXしていただくかメールで送っていただけると幸いです。

メール、FAXの詳細はここをクリックして下さい

署名用紙、資料はSFJホームページの、この記事の掲載されているページ上部の
【PDF】よりプリントアウトしてください。
http://www.surfrider.jp/info/info.php?no=803

======================================
☆『御坊サーフィンクラブ自然を守る会』より署名の緊急依頼です☆

『和歌山県御坊市名田町の楠井海岸や、
その周辺の海岸へのこれ以上のコンクリート製消波ブロック投入事業に対する
再考案を求める署名に賛同お願いいたします。』

私たちは楠井海岸を主に、御坊・日高地方の海でサーフィンやレジャーを通じ、
この美しい海岸を後世に残していきたいと活動している団体です。

この美しい楠井海岸に、昨年に引き続き、ウミガメの産卵を発見致しました。
今年は紀州新聞記事(平成21年8月8日付)にもあるように、
発見してから他の来客が足を踏み入れないようにと保護いたしました。

その後、御坊市役所に連絡し、ウミガメホットラインに連絡して頂き、
専門家の方々に卵を適切に処置してもらいました。(別紙参照)

しかし、この美しい楠井海岸に、昨年に引き続きコンクリート製勝消波ブロックが投入されようとしています。
事業許可はすでに降りており、事態は緊迫しています。

私達は、足しげく楠井海岸に通い、地元の方との交流を深め、サーフィンやレジャーを
楽しませていただくなかで、地元の方と同じくらい波や自然に関して熟知しているつもりです。
これ以上のコンクリート製消波ブロックの投入が、消波の意味を成すのかが、疑問でたまりません。

むしろ、ウミガメが産卵にこられなくなってしまう可能性が高く、自然環境破壊に
繋がっていくのではないのかと思っております。
私たちは自然を愛し、子供達が他地域に誇れる、美しい郷土を残して行くことで
地域活性化にも繋がっていくと信じ活動しております。
来年も再来年もウミガメが産卵に来てくれる事と、後世で子供達が今と変わらぬ
美しい自然環境の中で、笑顔でサーフィンやレジャーを楽しめることを願い、
コンクリート製消波ブロック投入事業の見直しを検討して頂きたくお願いいたします。

私達にできる事は、ビーチクリーンなどと微力ではございますが、
ご賛同頂けるのであれば、どうか御署名よろしくお願い致します。

企画者 御坊サーフィンクラブ自然を守る会
住所 和歌山県御坊市薗609-12
会長 見崎 英樹
副会長 辻 雄介
代表 林 淳

署名用紙、資料などはこのページ上部の【PDF】からプリントアウトしてご使用ください。
○署名用紙
○署名お願い文
○ウミガメの記事

=================================================================================
以上、SFJの記事より抜粋。


皆様のご協力宜しくお願い致します。


熊本のカフェ&サーフショップTHE BREAKERSCAFE&SURFのオフィシャルウェブサイトはこちら
スポンサーサイト
0 CommentsPosted in 日記
-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
プロフィール

shinglefin lover

Author:shinglefin lover
alternative系のサーフボード好き、
Longboardはsinglefinをこよなく愛す。
Style is everything!!!!

最新記事
最新コメント
Twitter
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。